見ろ脱毛エステ
ホーム > 注目 > 脱色剤の売れ筋と効果的な使い方、どんな用途に向いている?

脱色剤の売れ筋と効果的な使い方、どんな用途に向いている?

ムダ毛対策クリームといっても、様々種類があるのはご存知でしょうか。前回は、その中でも脱毛効果のある除毛剤について取り上げてみましたが、今回は脱色剤について、ご紹介していきたいと思います。

脱色クリームを分かりやすく説明するならば、髪に使うブリーチ剤の身体に使うバージョンのものになります。もちろんブリーチ剤を肌に塗ったら強すぎますので、体毛に合わせてもっと刺激を弱くした感じのクリームになります。脱色クリームを使う時に気をつけたいことは、使用部位が限定されているということです。商品によって多少異なるので、詳しくは説明書きをしっかり読んで頂くのが一番いいのですが、だいたいの商品でオッケーなのが、腕、胸毛、足です。顔や皮膚の弱い部分、傷がある場所には塗らないでください、となっていると思います。眉毛、ヒゲの脱色を考えている場合は、専用の脱色剤があるから、そちらの専用品を使いましょう。

髪を染めたり、ブリーチで色を脱色したことがある人は、知っていると思うのですが、脱色クリームの効果を引き出すコツを教えますね。まず一つ目は、室温を上げておくことです。ただし、きちんと換気はしてくださいね。二つ目は、毛がしっかり隠れるように、たっぷり塗ることです。ケチケチ使って、よく染まらなかったのでは、逆にもったいないですから、きちんと指定の分量を使うようにしてくださいね。この2つをやると、染まりが良くなりますのでオススメですよ。